遺言書は人生最後のメッセージ

思春期の微妙な時期での矯正歯科

もう20年程前ですが、矯正歯科に通っていました。

 

詳細は大和市 大人矯正に書かれています。

 

特に自分から行きたいと言ったわけではなく、半ば行かされていたという状況です。
丁度、小学生高学年〜中学生の時期だったと思います。

 

詳しくは大和市 矯正を見てください。

 

矯正するにあたり、歯に矯正器具を着けるのですが、今はどうかわかりませんが当時は歯に直接器具を接着させる方式でした。
もちろん、歯の外側に取り付けるものですので、口が開いた時などに普通に見えてしまいます。
今思うと、初見だとちょっと引いてしまうようなものでしたね。

 

詳しい情報は大和市 小児矯正でした。

 

自分も、あまりそれを見られたくなく、若干意識して口を開かないようにしていた記憶があります。
同年代に矯正をしている人がたくさんいればそうでもないかもしれませんが、ごくごく少数の人しかしていなかったので恥ずかしかったです。
気になる人は鶴間 矯正歯科←というサイトです。

 

また、体育の授業などでボールが顔に当たろうものなら、その器具が当たって口内が切れて出血することも結構ありました。
ただ、振り返ってみると、矯正が終了した後は歯並びも綺麗になりましたし、その数年我慢すれば後年は気持ちの良い時を過ごせるんじゃないでしょうか。

 

口元が気になったら大和市 矯正歯科には色々な情報が書いてあります。