義兄は永代供養を選ぶのか

義父の遺骨を納骨堂に納めました

義父が亡くなり、お墓をどうするかを女房と考えました。女房は一人っ子なので、お墓を建立しても、いずれ無縁仏になってしまう可能性が強いのです。
お探しの長崎 霊園はこちらです。
私達には息子も居り、孫も男児が2人居り、我が家の姓を継ぐ者はいます。いずれは私達も我が家の墓に眠る事となるでしょうが、孫達が墓参りさえしてくれれば、無縁仏になる可能性は少ないと思っています。
詳しいことは霊園 長崎市で探せます
しかし義父にとって孫である私達の息子は墓を守ってくれても、曾孫に当る私達の孫の代には、恐らく無縁化してしまうと思います。気になる方は長崎 墓地←をクリック。
仮に私達の孫の代まで義父の眠る墓を守ってくれる気持ちがあっても、両家の墓を守り続けさせる事は偲び無い事です。
こうしたことを考え、義父の遺骨は、都心にある有名なお寺の長崎 納骨堂に納める事にしました。ここなら、お参りしようと思えば、すぐにでも出かける事ができ、永代供養で私達の息子や孫に経済的負担を掛ける事もありません。
お悩みの方は長崎 永代供養←からどうぞ
少子化が進む現代では、こうした状況は多くの家庭が抱える問題です。荒れ果てて無縁化するお墓より、多くの方が手を合わせてくださる納骨堂の方が、故人に取っても幸せな事だろうと、色々と考えさせられました。