スイスフランが暴落して浴びせられた冷水

スイスフランが暴落して浴びせられた冷水

新年早々から起こった大事件がスイスショックですね。詳しく知りたい方はクロスリテイリングに沢山の情報があります。
2015年1月15日スイスの国立銀行が突如為替の介入を止めると発表し、ダムが決壊したかのようにスイスフランが暴騰しました。知りたい情報がここにで検索!
今後スイスフランがどのような値動きになっていくのか動向が気になるところですね。参考にどうぞ←ここです。
今回の大混乱で為替業者が廃業になったり個人でも少なからず被害に遭われた方はいるかと思います。参考にするならに情報が載ってます。
度々ではありませんが、これまでにもギリシャショックやリーマンショック、日本では東日本大震災で為替市場が混乱したの記憶に新しいのではないでしょうか。突発的な為替の濁流のような値動きの際は、ロスカットに間に合わず追加証拠金が生じてしまうリスクは少なからずあります。こちらをクリックしてくださいをご覧ください。
忘れた頃に時々発生する為替の急な変動にたびたび我々fxをしている個人は冷水を浴びせられ冷静になるのです。レバレッジと自分なり設定しているルールの見直しをして末永くFx取引を続けていきたいものです。fxはリスクはありますが、しっかりとリスクを把握して取引をすれば決して危険な投資ではないと考えています。